学校経営運営ビジョン(令和元年度)
学校概要

          本校は知的な障がいがある子ども達が学んでいる学校です。昭和53年、猪苗代養護学校として開校し、平成29年、

    校名変更により猪苗代支援学校となりました。地元である猪苗代町からの通学のみならず、県内、県外各地から隣接する

    ばんだい荘に入所した児童生徒が通学しています。

     本校には、小学部、中学部、高等部があります。本年度(平成30年度)は、小、中、高、合わせて43名が在籍して

    います。 

     磐梯山、猪苗代湖の大自然に囲まれて、児童生徒のみなさんは、日々、生き生きと学習、運動に励んでいます。

 

 

  ホームへ戻る

H30教育目標

  1 教育目標

   児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じて、日常生活に必要な資質・能力を養うとともに、自ら判断して行動でき

  る力を育み、自立し社会参加できる人間を育成する。

  ○ じょうぶな体をつくろう(健康)

  ○ 進んで学び行動しよう(主体・責任)

  ○ みんなと仲良くしよう(協力・明朗)

 

 2 重点目標

   児童生徒一人一人の生活に必要な力を捉え、体験的な学習活動を積み重ねながら、学んだことを生活に生かすこ

  とができる授業づくりに努める。

 

 

      ホームへ戻る

H30学校経営・経営ビジョン
学校沿革

 

    ホームへ戻る

 

校歌
校章について

 

                                    ホームへ戻る